東京円、一時77円台 世界的な景気悪化懸

14 Nov

1日の東京外国為替市場では、世界的な景気悪化への懸念から、比較的安全とされる円を買う動きが優勢になり、一時ほぼ1週間ぶりとなる1ドル=77円台をつけた. 午後1時時点では、前日午後5時時点より26銭円高ドル安の1ドル=78円01~02銭. 午前10時過ぎには一時、1ドル=77円90銭まで円高ドル安が進んだ. 対ユーロでは同04銭円高ユーロ安の1ユーロ=95円93~94銭. 欧州の政府債務(借金)問題の解決策が見通せないことに加え、米国でも景気回復が遅れている. iPhone上でWindows Mobi 1日午前に発表された中国の製造業景気指数も悪化. 世界的に景気低迷が続くとの懸念から、ドルやユーロが売られ、円が買われている. 週末にかけては、米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)の政策決定、米国の7月の雇用統計の発表が相次ぐ. ナイキ スパイク asahi.com(朝日新聞社): フラ 市場では「発表内容を見極めようと、取引を手控える投資家が多い」(大手銀行)との見方もある.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: